幼稚園教諭

幼稚園教諭免許取得の特例制度について

投稿日:

幼稚園教諭免許取得の特例制度について

働きたいのに子供を預けることが出来ないがために、働けないという女性が今とても増えています。そういった需要と供給のバランスを整えて、待機児童を減らすために認定こども園という制度が始まっています。

ですが、預ける場所が増えたところで、先生という立場の人間が増えてくれないと結果、預けることが出来ないというのが現状です。そこで、幼稚園教諭免許取得の特例制度というものがあります。

試験免除で幼稚園教諭免許取得

本来ならば、幼稚園実習を決められた日数以上こなしたりと、やらなければいけないことがあり、それを踏まえた上で、免許取得することが出来るのですが、特例ということで、これに当てはまる人であれば幼稚園教員資格認定試験を受けずに幼稚園教諭免許を取得することが出来るといったものです。

その条件としては「保育士資格を持っている人」「該当施設にて保育士として三年かつ4320時間以上の勤務経験がある人」ということです。

該当施設というのは、認定こども園、保育所、幼稚園(特別支援学校幼稚部含む)、公立の認可外保育施設、へき地保育所、幼稚園併設型認可外保育施設、認可外指導監督基準を満たす認可外保育施設ということです。

この条件を満たしていれば、この制度終了の平成31年末予定までに申請をすれば、試験を受けることなく幼稚園教諭免許の取得をすることができます。

保育士資格がない人でもまだ間に合う

また、もし今の時点で保育士資格を持っていなかったとしても、保育士試験で保育士資格を取得して、3年かつ4320時間以上の勤務経験を積んで指定単位を取得することができれば、幼稚園教員資格認定試験を受けることなく、幼稚園教諭免許を取得することができるという仕組みになっています。平成31年まで有効な制度なのでまだまだ間に合います。

保育士資格だけではなく、幼稚園教諭免許も持っているとなると、さらに活躍の場が広がることになりますし、仕事を探す上でも選択肢がかなり広がりますので、ぜひ悩んでいる人がいるようでしたら、せっかくの特例制度期間なので活用することをおすすめします。

-幼稚園教諭
-,

Copyright© 保育士のお仕事ブログ , 2019 AllRights Reserved.