保育士求人ランキング

給料が高い保育士求人サイトのおすすめは?

最近話題の認定こども園とは?

   

最近話題の認定こども園とは?

話題の認定こども園は、テレビでも一時期毎日取り上げられていたこともあり、保育士以外にも知名度が高くなっています。実際に私も色んな人に「認定こども園ってなに?」という風に聞かれたこともありました。

認定こども園とは幼保一元化の政策によって作られた保育施設のことで、保育園と幼稚園の両方の機能を兼ね備えた保育施設のことです。

入園条件をもっと柔軟に

金銭的な理由で夫婦共働きをする家庭も増えていますが、仕事以外の理由で子供を預けたいという保護者も増えています。

例えば、子育てにかかりきりになってしまうと、子供と2人の世界になってしまうため、育児ノイローゼになって私生活に支障をきたす人もいます。

さらに近年増えている高齢者介護という面においても、仕事はしておらず家にはいる。でも親の介護をしているから育児をする余裕がないといった人も多くなっています。

こういったことをうけて、家庭にいる人も気分転換の時間を確保していこうという方針で設置されています。

保育施設不足を改善する

それ以外にも、働きたいという女性がとても増えているのに対して、保育所の数がとても少なく、預け先が無いから働くことを断念する女性も数多くいます。

駅前でやっているような無認可の保育所などあるのですが、保育料がとても高額で仕事で稼いだお金がそのまま保育料に消えてしまうといった意見もあります。

待機児童という言葉は何年も前から騒がれていますが、保育園に入れられず育児休暇をのばしてもらっているといったことで、会社経営をとおりこし、リストラや離職率の増加、そして日本経済への影響も懸念されています。

その待機児童の問題を解決出来るようにと始まったのが、認定こども園です。

保育と教育を行う認定こども園

一方の幼稚園では、少子化の影響でクラス数もだんだん減ってきており、園児獲得するために習い事といったアピール合戦が繰り広げられています。

しかし認定こども園では幼稚園に保育園の機能も持ってもらうことで、保育園に預けたいといったニーズにも応える形となっています。その結果、問題となっていた待機児童も減少していきています。

認定こども園として運営するためには?

認定こども園として運営するためには、今まで○○幼稚園という呼び名だったのが、○○こども園という名前に変わるといった簡単なものだけではなく、園児数や敷地面積に対する子供の数など、国が決めた基準を満たさなければなりません

幼稚園側としても、認定こども園への移行は、なかなか手間取ることが多く、足踏みしている園も少なくありません。

認定こども園の申請が緩和化された

そんな中、これまで複雑だった認定こども園の申請が、最近では少しずつ改善され容易になってきています。しかし、まだ踏みとどまっている幼稚園が多く、その一番の要因が保育士不足と言われています。

認定こども園では保育を行うわけですから国家資格をもつ保育士も必要になり、それが一番のネックになっているそうです。

また、幼稚園から認定こども園へ移行する場合は保育園のノウハウが、保育園から認定こども園へ移行する場合幼稚園のノウハウが不足しているということもあり、そのあたりの情報収集に時間がかかっているようです。

まとめ

認定こども園の制度は平成18年から導入されていますが、このように、まだ仕組みが整っていないという点から、普及するにはもう暫く時間がかかりそうです。

とにかく、女性が活躍できる社会にするため、そしてさらなる待機児童の軽減のため、一刻も早く認定こども園の設置を急いで欲しいものです。

おすすめの保育士転職サイト

ほいく畑

ほいく畑

保育士や幼稚園教諭の転職サイトなら「ほいく畑」が定番!正社員やパートから、派遣社員や紹介予定派遣まで幅広く対応しており、自分が希望する働き方に合ったお仕事を紹介してくれます!

スマイルSUPPORT保育

スマイルSUPPORT保育
求人数で選ぶならスマイルSUPPORT保育がおすすめ!公開中の求人数は約13,000件!さらに、企業内保育園や院内保育園といったレアなお仕事が満載の非公開求人も9,000件以上取り扱っています!

保育情報どっとこむ

保育情報どっとこむ
求人数も大事だけど、やっぱりスキルアップができるセミナーにも参加したいという方は、あすかぐグループが運営する保育情報どっとこむがおすすめ!

 - 認定こども園 , , ,