人間関係

私が経験した職場のお局からのヒドイいじめ

投稿日:

私が経験した職場のお局からのヒドイいじめ
今回は私が実際に経験したお局キャラの先輩保育士から受けたいじめについてご紹介します。女性が多い職場ゆえの人間関係も覚悟しておくといいでしょう。

働く前から感じたギスギス感

はじめに働いていた職場は、人間関係がとても悪くいつでもギスギスしているような保育園でした。

みんな人間関係が悪いからこそすぐに辞めてしまう人が多く、私が働き始めた時にも同期は5人いました。

募集の段階では4人ということだったので、誰か落ちてしまうと思っていたのですが、全員合格していて、その後また誰かが辞めるということを見越しての採用だったように思います。

事実、私もその一年で退職しました。

一緒に組んでいたクラスの担任の先生が、まさにお局の保育士でした。

みんなあとから入ってきても、すぐに辞めてしまうので最初から教える姿勢もなく、風当たりがとても強かったです。

「なんでも聞いて」からの「今聞く?」

「私は性格がきついから」と最初に言われて、「分からないことがあったら自分から聞いてください。そうでないと、こちらからは教えません。」と言われました。

自分は物怖じはしない性格だったので、聞くのは出来ると思っていましたが、実際に聞くとなると、「今そういうこと答えられると思う?」「まずは自分がどう思うと伝えた上で聞くべきじゃない?」というように、強い口調で言われて少しずつ聞くことができなくなってしまいました。

中学生レベルのいじめ

遠足に行ったときに、持ち物を教えてもらえなくて一人だけペットボトルを持って行ったら、先生達は水筒でなければいけないという決まりがあったようで「園長先生からの許可が降りないから」と囁かれて、真夏でとても暑かった中歩き回ったのですが、水分を一切とることが出来ませんでした。

あとから他の先生に聞いた話では、それで私がどのような反応をするのか楽しんでいたそうです。

子供にいじめを見せつける

また、子供の前で怒られることもありました。

「○○先生はピアノが上手じゃないからこちらで待っててね。隣のクラスの○○先生はとっても上手なのにどうしてなんだろうね」とイヤミを言われたこともあり、帰ってから子供達がお母さんに話したようで、あるお母さんと一緒になった時にとても心配されました。

-人間関係
-,

Copyright© 保育士のお仕事ブログ , 2019 AllRights Reserved.